紙紐WORKS

クラフトバンド手芸に関する情報を発信しています。

ワイヤータイの注意点

今回は、クラフトバンドを割く道具に用いる

「ワイヤータイ」について書いていきます。

 


f:id:seijimiya007:20210319202506j:image

(これの針金の部分です。)

 

言ってしまえばこの記事は、

 

「ダイソーで売ってる幅0.2mmのワイヤータイがお勧めですよー!」

 

の一言で済むような内容ですが、自戒の念を込めて、この記事を書きました(^^;

 

ダイソーで売ってるワイヤータイは、中の針金の太さが0.2mmと0.4mmの二種類があります。

 



f:id:seijimiya007:20210320062657j:image



f:id:seijimiya007:20210320062714j:image

↑0.4mm



f:id:seijimiya007:20210320062738j:image



f:id:seijimiya007:20210320062753j:image

↑0.2mm

(他の太さがあるかどうかは、調査してないのでわかりません)

 

本来なら0.2mmを買うべきでしたが、月に一度くらいのペースで切れたりするので、

 

「針金は太い方が切れにくくて長持ちするんじゃないか?」

 

みたいに考え、0.4mmを買いました。

 

被膜を剥いてみる…



f:id:seijimiya007:20210320062820j:image

右が0.4mmです。

おお、これは頼もしい( ・ω・)

 

たった0.2mmの違いとはいえ、その差は歴然です。

 

で、早速道具にくくりつけ、使ってみた結果…

 

全っっ然切れませんでした(´・д・`)!

 

まぁ切れないことはないのですが、仕上がりがギザギザしてしまいます(^^;

 

あまりに仕上がりがひどく、撮影する気にもなれませんでした(笑)

 

とりあえず今のところ、自分の中では0.2mmがベストだと思ってます。

 

あー…0.3mmなんて売ってたら試してみたいかも( ・ω・)

 

とはいってもこれ、350本入ってるので、まだ当分お世話になりそうです。

f:id:seijimiya007:20210320062753j:image

 

以上です。

 

ありがとうございました!